PMSを改善するなら低用量ピルを服用

イライラ感や体のだるさなどのつらいPMSの症状に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。
PMSは、排卵後に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が大きく影響しています。
プロゲステロンの分泌がホルモンバランスの急激な変動につながり、それがつらい症状に結びついてしまうというメカニズムです。
イライラ感や体のだるさだけではなく、頭痛や腰痛や肩こりや腹痛や胃痛やむくみや便秘や肌荒れなどの体の不調があらわれたりもします。
情緒不安定になったり集中力が低下したり憂鬱な気持ちになったりなどの心の不調もあらわれます。

PMSの症状のあらわれ方には個人差があり、全く症状があらわれない人もいれば生活に大きな支障をきたしてしまうほどのつらい症状が毎月出てしまう人もいます。
症状は生理が始まる1~2週間前に出始め、生理が始まると同時に消えていきます。
1~2週間の辛抱ですが、毎月のこととなると相当な負担になります。
ですので、積極的に対策をしてPMSに負けない健やかな体づくりをしていくことが大切です。

栄養バランスのとれた食事を心がけたり適度な運動をしたり良質な睡眠をとったり規則正しい生活リズムを身につけたりすることも大切です。
PMSを効果的かつ効率的にスピーディーに改善させるなら低用量ピルを服用するのがおすすめです。
ピルというと避妊薬というイメージが強く抱かれがちですが、そんなことはありません。
低用量ピルでPMS対策を行っている女性はたくさんいます。

用法用量をきちんと守って服用することが重要なポイントとなります。
毎日規則正しく服用し続ける必要があるので、飲み忘れないように注意しましょう。
服用し続けることでホルモンバランスをコントロールしてくれるので、つらいPMSの症状を改善させるだけではなく美肌効果をもたらしたりなどの嬉しい効果も期待できます。
低用量ピルでPMSの悩みを解消させましょう。

ピルを使わずにPMSを改善する方法

身体のだるさやイライラ感などPMSの症状は200種類以上にわたると言われています。
排卵後、女性ホルモンの急激な変動によって引き起こされるPMSは、低用量ピルでの治療によって症状を改善する事が可能です。
低用量ピルはホルモン製剤の含有量を抑えてあり、比較的副作用は起こり難いという特徴があります。

ただ、体質によっては低用量ピルであっても服用すると副作用を感じたり、場合によってはピル自体を摂取する事がでないというケースもあるようです。
もし、ピルでPMS治療が受けられないという場合、低用量ピルと使わない改善方法を選択してみると良いでしょう。
PMSは食事など生活習慣を見直す事でも、症状を緩和できると考えられています。

たとえばイライラ感が強く排卵後になると、すぐに気がたってしまい情緒不安定気味になってしまうという場合は、神経が過度に緊張・興奮しているかもしれません。
カフェインが含まれているコーヒーやお茶を飲み過ぎてしまうと、神経の緊張・興奮に繋がるのでPMSの症状が強いという人はできるさけ避けると良いでしょう。
ノンカフェインでリラックス作用のあるハーブティーがおすすめです。

血糖値を急激に上げてしまう食べ物を取り過ぎるのも、イライラしたり身体のだるさを招きます。
砂糖をたっぷり使ったお菓子類は避けて、ゆっくり噛んで食事をするなどの工夫を行うと血糖値の上昇が緩やかになりPMS対策に有効です。

食事だけでなく軽い運動を行う方法もおすすめです。
ストレッチやヨガ、軽いウォーキングで身体を動かすと良い気分転換になります。
またヨガは女性ホルモンのバランスを整える作用があると言われており、PMSに悩んでいる女性が行う運動として向いています。
食事や運動を取り入れてみて、辛いPMSの症状を撃退してみてはいかがでしょう。